e-Work

w-Work

幼稚園・教育機関向け 業務軽減ソフト

在園児情報を
効率的に一元管理

e-Work(イーワーク)は、IT導入補助金2019(平成30年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業)のITツールとして登録されました。

e-Workでは、在園児・卒園児の名簿を一元管理・効率化(RPA化)することで、これまで煩雑だった業務を軽減することが可能となります。

名簿は紙で、計算はエクセルで、それを印刷して請求は集金袋に手書きで…
と、言ったように、情報の形式やシステムがバラバラになっていたものが、e-Workでは一元管理ができ、会計ソフトへも直結できるオプションもあります。

また、専門のソフトは使い勝手に慣れるまでに時間がかかりますが、直感的に、使い慣れたエクセルのように使うことが可能なので、不要な時間がかかりません。

無償化に向け、ますます複雑になる幼稚園・保育園の請求関係・申請・様々な手続きに関わる業務を軽減し、本来の業務である保育に注力していただき、子どもたちのために時間を使っていただくことを目的としています。

※RPA(Robotic Process Automation)
ロボットによる業務自動化をするシステム。

パソコンの内のソフトウェア型ロボットが自動化するものになり、人の形やそれに似たロボットとは異なります。

PC上で動くものになり、人が行っていた画面上の操作を一度登録すると、同じことを操作・処理してくれるシステムになります。

在園児の情報を使いやすく

まだ紙で園児情報を管理していてすぐに情報が探せない
一元データで管理ができ、欲しい情報がすぐ見つかります

情報をひとまとめに

情報の形式がバラバラで、点在している
クラウドによる一元管理ができるようになります

操作は簡単です

ソフトが難しくて使いづらい
使い慣れたエクセルのように使えるので、効率アップ

RPA(自動化)で実行します

複数のファイルやデータを同時に使用することで、作業時間と工数がかかる
RPA(自動化)で実行し、一元管理することで、時間の短縮・ミスの削減につながります

e-Workの開発について

毎日の日報など、現場の先生方は日々の保育以外にも書類の作成や用品代やお預かり保育など、様々な業務に追われているのではないでしょうか。

また、保護者の方に書いて頂く園児情報や、その他の記録もそれぞれで保管されていることが多いのではないでしょうか。

そこで、e-Workは、教育現場で働く先生方の業務軽減を図り、先生方が本来の業務である子供たちと向き合う時間が増えることを願い、誕生しました。

オプションについて

e-Workをお使い頂くにあたり、様々なオプションをご用意しております。

1.会計ソフトとの連動

これまで別々のファイルで使われることの多かった会計ソフトと園児名簿を連携させることで、業務効率化を図ることができます。

2.【e-Grow】との連携

【e-Grow】は弊社が昨年より開始しました、在園児の保護者向けのシステムになります。【e-Grow】から、預かり保育や物品販売などの申し込みを受け、その園児データを【e-Work】と連携することで、業務軽減が図ることが可能になります。

3.導入コンサルティング

導入後にスムーズにお使い頂けるよう、ご契約後、導入する際にコンサルティングを行わせて頂きます。

4.導入設定・マニュアル作成・導入研修など

導入する際は設定を行わせて頂き、ご利用の際のマニュアル作成なども可能です。ご要望に応じて、使い方の研修なども行わせて頂きます。

5.保守・サポート

納入後も安心してお使い頂けるよう、保守サービスを承っております。また、ご不明点などを質問できるサポートも行っておりますので、安心してご利用頂くことが可能です。

導入実績

埼玉県さいたま市内の幼稚園に数園に導入していただいております。

(2019年4月現在)