ダブルケア時代をサポートする新サービス【Work+(ワークプラス)】

ダブルケア時代をサポート【Work+(ワークプラス)】

株式会社コミュニティネット 代表取締役の今井房子です。

いよいよ明日から8月ですね。

7月最後の週末は、企画書と向き合い、様々なことを考えた週末&月末でした。

今回の企画書は、私たちが昨年から取り組んでいます【Work+(ワークプラス)】をより深く提案する企画書でした。

【Work+(ワークプラス)】とは

ダブルケア時代をサポートする弊社が作り上げた新サービスの名称です。IT、IoT技術を活用し、育児・介護現場と連携をはかりながら進めるサービスです。

育児や介護に直面しても、「仕事を諦める」のではなく働き続ける環境を整えたい。

今年は、それを実現するために、様々な調査を行います。

 

Work+(ワークプラス)

 

 

ダブルケアをご存知ですか?

ダブルケアとは、育児と介護の同時進行の状況のことです。

これから訪れる2025年。団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎えます。

男性も女性も結婚年齢が高くなり、子育て期に親の介護を担う世代が増えます。そして独身の方も同じ。いつ親の介護と向き合う日が来るかわかりません。そんな時、介護のために離職をしなければならない状況に、誰でも陥る可能性があるのではないでしょうか。

私たちは、立場は違っても、ひとりひとりが向き合わなければならないことが、今後たくさん訪れます。

そんな時、株式会社コミュニティネットが取り組んでいる【ダブルケアサポート】が必要となると確信しています。

そのサービスを提供するために、まずは自社で研究・開発を続けている毎日です。

 

株式会社コミュニティネットのミッション

「働き続ける環境を整える」

 

少し前まで「M字カーブ」(※結婚・出産・子育て時期に女性の就業率が落ちることをM字に例えて示していました)が取り上げられていました。

まだまだ待機児童問題などがあり、女性が働き続ける環境が整ったわけではありませんが、近年、M字カーブは緩やかになりました。

 

今後は、働き盛りの男性、女性が「働き続けるために」様々な問題を抱えていかなければなりません。

株式会社コミュニティネットは、そんな【ダブルケア時代をサポートする】サービスを今後も提供していきたいと思っています。

 

リリースまでもう少しお時間をいただきます。

「Work+(ワークプラス)」の形が整いましたらご報告させていただきます。

今後も最先端な技術を駆使し、「働き続ける環境を整える」べく、この事業を推進していきます。

今後ともぜひ株式会社コミュニティネットの活動を応援してください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA